雷害保護装置 LI-5656V

制御部
検知器

■特長
1. 最近の計測器は省電力化が行われており、動作電圧が低電圧、低耐電圧となって いるため天候不順による落雷被害が増大しています。
2. 落雷による被害は、85%が電源側からの雷サージによるものと言われています。
本装置は雷が放出する電磁波を検知し、雷雲の接近による落雷の危険域を計算し、 電源、通信線、信号線等を遮断し、被害を最小限に防ぎます。
3.

遮断された回路は一定時間が過ぎると自動復帰します。 


雷害保護装置カタログをみる ・PDFファイル 約1.1Mbyte
お問い合わせ先

本装置は計測器の設備に対しての落雷による被害を最小限にするものであり、
落雷を防止し100%安全を保障する装置ではありません。