製品紹介 > 超音波減衰式SS計 SP-110型

超音波減衰式SS計 SP-110型

■測定方法

 測定は、『液中の粒子により超音波の伝播が減衰される減衰の度合いは粒径と超音波周波数に大きく影響される』という特性を使用して、右図に示すように、水中にプラノコンケープ形振動子を入れ、振動子より超音波を送波し、反射板から戻って来た反射波を同一振動子で受波します。

 測定は約20秒毎に行い、解析ソフトにより粒度分布と浮遊砂量(SS)を算出します。

測定方法


■仕 様
測 定 方 式
超音波減衰法
測 定 範 囲 ■S S    500〜25,000mg/L
■精度   500〜25,000mg/L:FS 10%以内
■粒度分布  1μm〜100μm(白色溶融アルミナ使用)
通 信 形 態 RS232C または RS485
材   質 チタン
外 形 寸 法
検出部外形図参照
質   量 約3.0kg(ケーブル含まず)

カタログ
(PDFファイル 約1Mb )
メールフォーム




★画像はイメージです。
★本ホームページに記載の仕様及びデザインは製品改良のため予告なく変更する場合があります。

Copyright(c) HOKUTO RIKEN CO., LTD. All right reserved.