製品紹介 > MRD-845TW型

メモリレコーダ

メモリレコーダ MRD-845TW型

測定制御部
測定制御部


■特長
ダム漏水・河川・ダム流出流入・湖沼等の濁度を設定した測定間隔毎に自動記録が可能です。
測定データは外部メモリ(USBメモリ)に保存、または、RS-232C経由でのデータ伝送が行えます。
スリープ機能搭載によりバッテリー電源での測定が可能です。
濁度計検出器は交流変調した赤外線を光源に用い、散乱光の量を測定し、濁度を検出する方式を採用しています。
RS-232Cポートが標準装備されているのでモデム通信によるデータ伝送も可能です。

検出部
カプセル型検出器
検出部

露出型検出器


カタログ
(PDFファイル 約1.7Mb )
カタログ
(PDFファイル 約17Mb )




★画像はイメージです。
★本ホームページに記載の仕様及びデザインは製品改良のため予告なく変更する場合があります。

Copyright(c) HOKUTO RIKEN CO., LTD. All right reserved.